QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)を裏切った小寺政職(片岡鶴太郎)。

しかも命を奪うように荒木村重(田中哲司)に書状まで出すとは。

官兵衛は大きなショックを受けていましたね。

今まで信じていただけにかなり動揺。

結局、政職はお紺(高岡早紀)の遺言を無視。

もし生きていたら裏切ることもなかっただろうに。

生き残るために裏切り。

これでは誰を信じていいのか分からなくなりますね。







荒木村重(田中哲司)が謀反。

織田信長(江口洋介)の天下布武は信じていたけど、信長のことは信じていなかったようですね。

というより、恐怖が勝ったというべき!?

恐怖政治はいつの時代も続きません。

村重の家臣は、毛利の調略にはまっていたのかな。

摂津一国が寝返ったことで、播磨は大変なことに。

宇喜多直家(陣内孝則)って情報を集める力があるんですね。

黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)にさらりと教えてあげたのはなんでだろう。







織田は上月城を見捨てて信用ガタ落ち。

いっぽうで、毛利も宇喜多直家(陣内孝則)を信用できないから撤退することにして志方城を見捨てる。

どちらも大局をみた判断ということですよね。

見捨てられた末端は辛い。

こういう時は嫌われ役のトップも辛いかも。

結局、みんな辛いですね。

御着のお紺(高岡早紀)が亡くなってしまいましたけど、

小寺政職(片岡鶴太郎)はちゃんと最後の言葉を守れるのかな。

物凄く、ぶれそう。






櫛橋左京進(金子ノブアキ)と妹の光(中谷美紀)が今生の別れ。

これが乱世なんですね。

左京進は、てっきり黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)が嫌いだから裏切ったのだと思ってましたけど、

一様、左京進なりに考えた末、毛利に着くことにしたようですね。

大きな流れを見誤ると失敗に。

それはいつの時代も一緒!?







播磨が割れてしまいましたね。

黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)を嫌っている櫛橋左京進(金子ノブアキ)を上手く取り入った安国寺恵瓊(山路和弘)。

今のところ、恵瓊の調略が上手くいっているようですね。

官兵衛も辛そう。

地理的にちょうど真ん中あたりでどちらに付くか決めるのに迷う土地ということもありそうですね。

選ぶ自由があるのが良かったのか悪かったのか。

上月城は、どうなる!?






乱世が生んだ化物。

誰がいつ裏切るのか分からないですね。。

自分が生き残るためには裏切りが。

そういうときにこそ信頼できる人を見極める目が必要ですね。

家臣の裏切りを許さない織田信長(江口洋介)が下した命は、必要悪なのかも。

羽柴秀吉(竹中直人)が信長からもらった茶道具って、

その物の価値よりも伝えたかった意味が重要なんですね。

深いです。





竹中半兵衛(谷原章介)のお蔭で黒田官兵衛(岡田准一)は、目が覚めましたね。

黒田職隆(柴田恭兵)が心配していると半兵衛に相談したからのことですけど、

官兵衛も半兵衛も乱世を終わらせるという大義のための共に歩み始めようとしていますね。

2人の距離が縮まった感じです。

ちょっと心配なのが半兵衛の身体。

血をはいていましたけど、病のようですね。

大丈夫かな。

それにしても小寺政職(片岡鶴太郎)は、プライドが高いですね。

本当にそういう性格だったのかは分かりませんけど、

鶴太郎さんって上手に演じているようにみえます。







小寺政職(片岡鶴太郎)の嫡男は本当に病気になるとは。

人質になんてなりたくないし、精神的なことから病気になった感じですね。

いずれにしても裏切りと思われないために黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)の子供・松寿丸(若山耀人)が人質に。

辛い決断でしょうけど、家を守るため。

織田信長(江口洋介)は、察してか松寿丸を羽柴秀吉(竹中直人)に預けると言いましたね。

これってかなり官兵衛を信用していることもあるし配慮していそう。

もし政職の子供だったら、秀吉に預けなかったかも。

官兵衛も秀吉なら安心ですね。







黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)と羽柴秀吉(竹中直人)の信頼関係は強くなりましたね。

織田信長(江口洋介)も秀吉を許して播磨行きも命じましたし、

これで播磨も安泰か。

歴史の事はよく分かりませんけど、

これから毛利の水責めもするのかな。

となるとそろそろ信長が明智光秀(春風亭小朝)の謀反で亡くなることに。




黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)の策で5倍の毛利軍を追い払いましたね。

今回は何とか撃退しましたけど、

援軍もなかったわけで、さらに毛利水軍と織田水軍で毛利が勝ったとなると、

播磨で毛利に寝返るのが出てきそうですね。

官兵衛も引き締めに悩みそう。

小寺政職(片岡鶴太郎)だったら、「思案のしどきじゃの〜」かな。

そんな悠長なことは言ってられないでしょうけど。

栗山善助(濱田岳)とおみちがどうやら良い感じですね。

実際の歴史は知りませんが結ばれるのかな。











お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR