QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

羽柴秀吉(竹中直人)は摂津衆も味方につけて、ついに明智光秀(春風亭小朝)に勝ちましたね。

これで天下人へ一歩近づいたわけで。

それにしても黒田官兵衛(岡田准一)は交渉相手によって

話も合わせていますね。

だから取り込まれる人が多いのかな。

これが官兵衛の凄さの1つなのでしょうね。






黒田官兵衛(岡田准一)と安国寺恵瓊(山路和弘)が密約!?

ともに主君を操っていきたいような話をしていましたね。

官兵衛からしてみたら外堀を埋めていく過程の1つだったかも。

小早川隆景(鶴見辰吾)も官兵衛の話しに乗っていましたし。

本領安堵さえ約束されればいいわけで、悪い話ではなかったわけですよね。

そういう意味では官兵衛は運も味方していたのかな。

毛利は和議を受け入れて撤退。

黒田家一安心。

あとは明智光秀(春風亭小朝)を討つことに専念ですね。






織田信長(江口洋介)が明智光秀(春風亭小朝)の謀反によって討死しましたね。

「本能寺の変」が起きたわけですけど、

これを黒田官兵衛(岡田准一)は羽柴秀吉(竹中直人)が天下を取るチャンスが巡ってきたと解釈するわけで、

こういう考え方って凄いですね。

一時取り乱しましたけど、直ぐに冷静になりましたし、

だからこそ軍師なのかな。

第28話では小寺政職(片岡鶴太郎)も亡くなりましたね。

最後、官兵衛に謝ることが出来たのは幸せだったかも。

なんか憎めない感じを出していたのは片岡鶴太郎さんの演技力かもしれないですね。

官兵衛が安国寺恵瓊(山路和弘)を呼んで信長が亡くなった事を暴露してしまいましたね。

どういうことなのか先が気になりますね。






織田信長(江口洋介)の「王は2人もいらない」発言に、

明智光秀(春風亭小朝)は衝撃的だったようですね。

信長としては公家はいらないということなのかな。

考え方の違い。

光秀としては、もう家臣としてついていけないから本能寺の変を起こすようで。

高松城が落ちるのは、もうすぐ。

京都でも備中でもいろいろと動き始めますね。

どうなるんだろう。






黒田長政(松坂桃李)の初陣。

官兵衛(岡田准一)は、褒めてあげたい気持ちがありつつも、

長政の将来を思ってあえてしかりつけていましたね。

まさに愛情です。

長政としては、褒めてほしかったでしょうけど、

始めから上手くいき過ぎると命を粗末にしそうだから、

叱られるくらいがちょうどいいのかも。

母里太兵衛(速水もこみち)に助けてもらいながらも、

生きて帰って来たのだから、それだけで良しですね。





激しい動きはなかったですね。

嵐の前の静けさ!?

動き出す前の序章という感じでした。

黒田官兵衛(岡田准一)は、明智光秀(春風亭小朝)から、

荒木村重(田中哲司)の気持ちがわかると聞いて何を思ったのでしょうね。

宇喜多直家(陣内孝則)からは織田は危ないようなことも聞いたし、

何かざわつくものがありつつも理由が分からないところだったのかな。

とりあえず、光(中谷美紀)が妊娠したし、

松寿丸(若山耀人)元服して長政(松坂桃李)と名乗るようになったし、

黒田家の長いトンネルを抜けて春が訪れましたね。







黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)は、小寺政職(片岡鶴太郎)を逃がしたことを「甘い」と考えていたようですけど、

「甘い」のではなく官兵衛の「優しさ」ですね。

あれだけ酷いことをされたことを考えると切り捨ててもおかしくないわけで、

官兵衛の器が大きいともいえることなのかも。

一万石の大名になりましたね。

座っている場所が、今まで丸いワラ敷き(!?)だったのが、

畳み一枚の上に座っていましたね。

いずれは羽柴秀吉(竹中直人)や織田信長(江口洋介)と同じように畳が部屋いっぱいに敷き詰められるのかな。

ちょっと気になったのが、秀吉の頭。

官兵衛が秀吉に「政職を逃がしてしまいました」と話していたシーンで、

秀吉の右側頭部が、カツラがはがれているかのように見えたのは気のせい??

照明の関係かな。





黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)が栗山善助(濱田岳)、母里太兵衛(速水もこみち)、井上九郎右衛門(高橋一生)によってやっと助けられましたね。

長い間暗闇にいた中で突然太陽を見ると目に良くない気がしましたけど、

それは置いといて、

やっと助かった、という感じですね。

忍耐強く待っていた結果です。

引き換え、竹中半兵衛(谷原章介)が病死。

悲しいことと嬉しいことが半分ずつですね。

半兵衛の遺志を継いで羽柴秀吉(竹中直人)と歩む姿が楽しみです。







竹中半兵衛(谷原章介)の機転によって松寿丸(若山耀人)の命が助かりましたね。

自身の命も危ないのに助けるわけですから、

それだけ黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)のことを信じていたということですよね。

官兵衛、半兵衛それぞれの子供が関ヶ原の戦いで、

一緒に陣を構えていたというのだから、

家族で絆が強かったみたいですね。

現在でも子孫同士で絆ってあるのかな。






織田信長(江口洋介)は、高山右近(生田斗真)を引き込みましたね。

そのことで荒木村重(田中哲司)の流れは変わったようで、

謀反をそそのかしていた従兄弟が織田に寝返るという悲劇。

村重ってかわいそうかも。

村重の正室・だし(桐谷美玲)による黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)の救出は失敗に。

土牢に入れられてしまいましたね。

大丈夫かな。













お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR