QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

黒田官兵衛(岡田准一)らは、明智光秀(春風亭小朝)を討つべく京へ馬を走らせる。

途中、姫路へ使いに出していた黒田長政(松坂桃李)と合流すると当時に黒田家で育った後藤又兵衛(塚本高史)とも久しぶりの再会を果たす。

思うように見方が集まらず焦る光秀の元に、

秀吉の使者として井上九郎右衛門(高橋一生)が訪ねてくる。

そのときはじめて光秀はがくぜんとする。

官兵衛は去就に迷っていた高山右近(生田斗真)ら摂津衆の取り込みに成功。

4万に膨れ上がった秀吉の勢力は、1万3000の光秀軍を大きく上回り、

ついに京に近い山崎の地で決戦が始まる。

TV LIFEより)


光秀としては、まさか秀吉に攻められるとは考えなかった感じですね。






いち早く京に上り明智光秀(春風亭小朝)を討つことで羽柴秀吉(竹中直人)が天下に名乗りをあげられると確信した黒田官兵衛(岡田准一)は、

織田信長(江口洋介)の死を隠したまま毛利との和睦交渉を進める。

いっぽう、光秀は安土城に入り、

天下人としての地位を固めようとしていた。

京や近江周辺を味方に付けるが、

加勢を当てにしていた細川藤孝(長谷川公彦)が隠居したことを知り、焦りを見せ始める。

天正10年(1582年)。

清水宗治(宇梶剛士)が切腹することでついに毛利との和睦が成立。

だが、秀吉の軍勢が京に向かう途中、

毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)に官兵衛の秘策が漏れてしまう。

TV LIFEより)


官兵衛の秘策って何だろう。





天正10年(1582年)6月2日。明智光秀(春風亭小朝)がついに謀反を起こし、

織田信長(江口洋介)のいる本能寺に攻め入る。

明智の大軍に森蘭丸(柿澤勇人)ら家臣たちと応戦する信長だったが、

お濃(内田有紀)が敵の刃に倒れ、自身も炎の中に消えていく。

こうして、光秀は一夜にして天下人となる。

そのころ、羽柴秀吉(竹中直人)と共に備中高松城を包囲していた黒田官兵衛(岡田准一)は、

付近の農家でかつての主君・小寺政職(片岡鶴太郎)と思わぬ再会を果たす。

政職は病に伏しており、官兵衛にある頼み事をする。

やがて、官兵衛の元にも信長が討たれたという知らせが京から届く。

官兵衛は、大勝負に打って出る決意をする。

TV LIFEより)


ついに信長が討たれることに。






黒田官兵衛(岡田准一)は毛利が守る要害・備中高松城を攻めるに当たり、

川の流れをせき止めて城を水浸しにする“水攻め”という奇策を思いつく。

工事着手から12日後、水をせき止める堤を完成させた織田軍は、

高松城を水の中に孤立させることに成功する。

そのころ、姫路では成長した後藤又兵衛(塚本高史)が光(中谷美紀)と再会を果たす。

天正10年(1582年)、徳川家康(寺尾聰)が安土城を訪れる。

織田信長(江口洋介)に接待を任された明智光秀(春風亭小朝)だったが、

不手際から信長の怒りを買って罵倒される。

さらに、信長の真の野望を知った光秀は、謀反の決意を固める。

TV LIFEより)



光秀は、もう信長についていけないとなったわけですね。






元服した黒田長政(松坂桃李)が毛利攻めで初陣を迎えることになり、

黒田官兵衛(岡田准一)は血気にはやる長政の目付け役を母里太兵衛(速水もこみち)に命じる。

同時に官兵衛と蜂須賀小六(ピエール瀧)は、

備中高松城の清水宗治(宇梶剛士)の調略を図るが、

宗治の毛利への忠誠心は固く、失敗に終わる。

いっぽう、長年敵対してきた六角次郎が甲斐の恵林寺に潜んでいると知った織田信長(江口洋介)は、

六角の引き渡しを拒む恵林寺の快川紹喜(山本學)と旧知の明智光秀(春風亭小朝)は信長に助命を請うが、

寺は無残にも焼き払われる。

そのころ、姫路では光(中谷美紀)が黒田家14年ぶりの男子・熊乃助を出産する。

TV LIFEより)


黒田家では祝い事。






羽柴秀吉(竹中直人)は、ついに毛利領内に攻め込むべく、

黒田官兵衛(岡田准一)の策の下、山陰攻略の準備をしていた。

織田家の出世頭となった明智光秀(春風亭小朝)に助勢を乞うため坂本城に向かった官兵衛は、

そこで光秀から明智の軍師になってほしいと頼まれるが、それを固辞する。

そして天正10年(1582年)。

朝廷からの官位授与を断り帝に譲位を迫るなど、権勢を誇り、

栄華を極める織田信長(江口洋介)は、

年頭の挨拶に訪れた秀吉と官兵衛を前に、天下布武に続く新たな野望を語る。

いっぽう、黒田家では光(中谷美紀)らに見守れながら松寿丸(若山耀人)が元服し、

長政(松坂桃李)と名乗る。

TV LIFEより)


人質となり命も危なかった時期もあって、

ようやく元服の時が。






播磨の反織田勢力は一時の勢いを失い、

三木の別所長治(入江甚儀)、御着の小寺政職(片岡鶴太郎)を残すだけとなっていた。

黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)は、得意の調略によって三木城を開城させるが、

人が変わったような冷酷さで秀吉らを驚かせる。

そんな折、家臣たちに見放され毛利領へ逃れようとしていた政職は、

黒田家の家臣に捕まり、官兵衛と再び対面を果たす。

官兵衛を裏切り、幽閉へと追い込んだ張本人・政職に怒りをあらわにする家臣たちだったが、

官兵衛は政職にたいして意外な裁きを下す。

いっぽう、石山本願寺と織田信長(江口洋介)の戦いは、

門徒が撤退することで終止符が打たれる。

TV LIFEより)


官兵衛は主君に対してどんな裁きを下すのかな。






天正7年(1579年)、ついに有岡城が落城。

捕らわれていた黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)は、

栗山善助(濱田岳)、母里太兵衛(速水もこみち)ら家臣たちに救われ一命を取り留める。

光(中谷美紀)ら黒田家が喜びに沸く中、

官兵衛は羽柴秀吉(竹中直人)に伴われ、織田信長(江口洋介)と面会し、

謀反の疑いを晴らすことに成功。

そして、亡き竹中半兵衛(谷原章介)によって命を救われた嫡男・松寿丸(若山耀人)と再会を果たす。

幽閉の後遺症で心身ともに傷が癒えず苦しむ官兵衛だったが、

やがて半兵衛の遺志を継ぐべく戦場へと復帰する。

いっぽう、荒木村重(田中哲司)の逃亡により、だし(桐谷美玲)は処分を受ける。

TV LIFEより)


時間が過ぎて、過去の選択が正しかったかが分かりますね。







天正7年(1579年)、栗山善助(濱田岳)、母里太兵衛(速水もこみち)、井上九郎右衛門(高橋一生)は、

有岡城の土牢の場所を突き止め、潜入を試みる。

兵の小窓から声をかけるとかすかに返答があり、

善助は主君・黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)の生存を確信する。

そのころ、療養のため美濃菩提山にいた竹中半兵衛(谷原章介)の病状は悪くなる一方だった。

播磨へ戻ることを決めた半兵衛は、

これまで隠し続けていた事実を羽柴秀吉(竹中直人)に告げる。

一方、毛利の援軍を待つ荒木村重(田中哲司)はしびれを切らし、

自ら援軍を呼ぼうと城を脱出。

その隙を見計らって一気に攻勢をかける織田軍の前に、

残された家臣やだし(桐谷美玲)は窮地に立たされる。

TV LIFEより)


ようやく官兵衛の救出に。





織田信長(江口洋介)は、荒木村重(田中哲司)を討つべく、有岡城に攻め入る。

銃撃戦が続く中、村重の軍の策略によって信長の右腕である万見仙千代(田中幸太朗)をはじめとする多くの家臣が命を落とす。

信長は、黒田(小寺)官兵衛(岡田准一)が村重に加担しているのではないかと疑い、

人質の松寿丸(若山耀人)を処刑するよう羽柴秀吉(竹中直人)に命じる。

抵抗する秀吉と信長の間に割って入った竹中半兵衛(谷原章介)は、

自分が松寿丸の首をはねると申し出る。

その後、秀吉は黒田職隆(柴田恭兵)と光(中谷美紀)に松寿丸の死を知らせるため姫路に向かう。

2人は愕然とするが、後日、おね(黒木瞳)から書状と扇が届く。

TV LIFEより)


信長は、村重の謀反によってあちこち疑いの目を。










お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR