QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

黒田官兵衛(岡田准一)の策で北条を開城したのに、

結局、豊臣秀吉(竹中直人)が約束を破ることに。

これでは、信用が無くなってしまいますね。

石田三成(田中圭)は秀吉の横で何をしている事やら。

三成なりに豊臣家安泰のために動いているのかもしれないですけど、

結果的は敵を生むことになっているようですね。

おね(黒木瞳)の心配は秀吉に届かず!?






黒田官兵衛(岡田准一)は、豊臣秀吉(竹中直人)に隠居を申し出ることで天下取りの疑いの芽を摘むことに成功しましたね。

今や秀吉に耳の痛いことを言うのは官兵衛だけ。

その重要さを秀吉も分かっているだけに側から離したくはないわけで。

石田三成(田中圭)は、かなり悪者として描かれていますね。

まさに官兵衛と対極。

これから2人の間にどんな争いがあるのか気になるところです。







宇都宮鎮房(村田雄浩)と嫡男の宇都宮朝房(橋本淳)を討つことで黒田家は存続することになりましたね。

黒田官兵衛(岡田准一)をはじめ、栗山善助(濱田岳)らも涙を流しながら朝房を。

豊臣秀吉(竹中直人)のかってすぎる命さえなければ何もなく平穏だったのに。

秀吉は、百姓だったということのコンプレックスが強いようですけど、

上に立ったからこそ家臣や民をよく見ないと。

おね(黒木瞳)が心配しているように家臣が1つになるのは難しそう。






黒田官兵衛(岡田准一)に宇都宮鎮房(村田雄浩)が家臣となってようやく落ち着いたのに、

豊臣秀吉(竹中直人)がまた余計な事を思いついてめちゃくちゃに。

千利休(伊武雅刀)も話していたけど、

そもそも秀吉が本領安堵を約束したのに反故にしたところから出発しているのに、

自分の事は棚にあげといて、すべて官兵衛の責任にするなんて酷い。

おね(黒木瞳)以外は誰も意見を言えないほど変わってしまったようで。

現実世界でも同じかも。

こういうことをしているといずれ人は離れていきますね。








黒田官兵衛(岡田准一)は、今度は播磨から遠い地、豊前に国替え。

豊臣秀吉(竹中直人)は、官兵衛を九州に送ったのは理由があると話していましたけど、

もしかして文禄慶長の役かな。

それにしても新しい土地には宇都宮鎮房(村田雄浩)が。

本領安堵を約束したのだから鎮房としては腹立たしいですよね。

官兵衛も秀吉と間に挟まれて大変。

黒田長政(松坂桃李)は、まだまだ若いですね。

経験が少ないから仕方がないかもしれないし、

父上に認めてもらいたいという気持ちもあるのかな。







キリシタンを恐れる豊臣秀吉(竹中直人)ですね。

宣教師も素直に船を献上すればよかったとは思いますけど、

そうしたら帰国する船が無くなってしまうのかな。

刺激するようなことを言わなければ良かったのに。

織田信長(江口洋介)が石山本願寺での攻略にてこずったことから、

秀吉としては早めに対処!?






蜂須賀小六(ピエール瀧)が亡くなって、

吉川元春(吉見一豊)も亡くなって、

お別れの第34話でした。

黒田官兵衛(岡田准一)は、人の心を動かすのが上手ですね。

動かされているとわかりながらも命をあげた元春は、

いちよう満足した最後だったのかもしれないですね。








道薫(荒木村重)(田中哲司)は息子と出会って生きるという道を進むことにしましたね。

ようやく心の傷が快方に向かったのかな。

黒田官兵衛(岡田准一)としてもキリシタンになって心の傷を癒したいということですね。

土牢で歌を聞いた影響はかなりありそう。

争いごとがない世の中。

それが一番ですね。

豊臣秀吉(竹中直人)は、竹中半兵衛(谷原章介)とともに平和な世の中を作ろうとしていて、

そこに官兵衛も共感して共に歩んでいたと思いますけど、

関白になって方向性が変わってきたようですね。

これが魔力か。







黒田職隆(柴田恭兵)の「領民を信じ家族を慈しむ」。

お墓が大切に現在まで残っているのは、

まさに黒田家が姫路で慕われていたということに他ならないですね。

黒田長政(松坂桃李)も素直に領民に謝罪すると決めたし、

山の地でも慕われるようになりそうですね。

それにしても羽柴秀吉(竹中直人)は黒田官兵衛(岡田准一)の働きに対しての感謝を忘れてしまったのかな。

上り詰めたから道薫(荒木村重)(田中哲司)の言うように人が変わった!?

「踊らされていた」とおね(黒木瞳)に話していましたけど、

自分で決めた道を進んでいたと思っていたら

実は官兵衛が決めた道を進んでいたようで気に食わない!?

どうなってしまうことやら。






羽柴秀吉(竹中直人)は、柴田勝家(近藤芳正)に勝って天下へ進むにあたって前進。

黒田官兵衛(岡田准一)の存在は大きいようですね。

それにしても道糞(荒木村重)(田中哲司)との再会は、

官兵衛にどんな影響が出るのでしょうね。

千宗易(伊武雅刀)は2人を合わせることで過去の清算が出来るということなのかな。












お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR