QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

天正17年(1589年)。淀(二階堂ふみ)は豊臣秀吉(竹中直人)の待望の男子・鶴松を出産。

以来、淀の権勢は正室・おね(黒木瞳)をしのぐまでに高まり、

石田三成(田中圭)も淀と結託することで自らの権力を確固たるものにしようとしていた。

おねは聚楽第に移り、大名の妻子もすべて京都で暮らすことになる。

天正18年(1590年)。ついに天下統一を阻む最後の大敵、小田原の北条攻めが始まる。

秀吉は、出陣からひと月で小田原城を包囲し、北条を驚かせる。

そんな中、徳川家康(寺尾聰)をどこまで信用するか、

黒田官兵衛(岡田准一)と三成は激しく対立。

長引く持久戦の中、官兵衛は北条を降伏させるべく、

小田原城に単身乗り込む。

TV LIFEより)


官兵衛が小田原城に。

確か初回に放送されたシーンでしたね。





大阪城で初の対面を果たした徳川家康(寺尾聰)から、

豊臣秀吉(竹中直人)が黒田官兵衛(岡田准一)を“次の天下人”として警戒している聞き、

官兵衛は愕然とする。

秀吉の疑念を解くため、隠居し家督を黒田長政(松坂桃李)に譲りたいと申し出るが、秀吉は認めない。

様子を見ていた石田三成(田中圭)は、

官兵衛に敵対心をあらわにする。

そんな中、茶々(二階堂ふみ)が解任し秀吉は大喜びするが、

茶々への執心ぶりをからかう落書きが城門に貼られる。

激怒した秀吉は、城の門番を始め、疑わしい者を手当たり次第に処刑。

事態を聞きつけたおね(黒木瞳)は、秀吉をいさめてほしいと官兵衛に頼む。

TV LIFEより)


秀吉は変わってしまいましたね。

おねの話しも聞かなくなってしまったのかな。





肥後に出陣した黒田官兵衛(岡田准一)の留守を預かる黒田長政(松坂桃李)は、

黒田家の存続を図るため、宇都宮鎮房(村田雄浩)を中津城に誘い出し謀殺する。

官兵衛は自らも鎮房の嫡男・朝房(橋本淳)を手にかけ、

黒田家は辛うじて存亡の危機から逃れるが、その心中は複雑だった。

一揆を起こした肥後の地侍らに切腹を申付け、

加藤清正(阿部進之介)らに領土を与えると宣言する秀吉に、

官兵衛は強い不信感を抱く。

一方の秀吉もまた、官兵衛に対する警戒心を強めていた。

そんな中、官兵衛は千利休(伊武雅刀)の計らいで、

大阪城を訪れた徳川家康(寺尾聰)と初の対面を果たすが、

そこで家康の口から衝撃の事実を知らされる。

TV LIFEより)


いったいどんな事実が!?





黒田長政(松坂桃李)は後藤又兵衛(塚本高史)の制止を振り切って開いたままの城井谷城の入り口めがけて出陣を命じるが、

それは宇都宮鎮房(村田雄浩)のわなだった。

家臣が次々に命を落としていく中、

長政は討死寸前のところを又兵衛に救われる。

黒田官兵衛(岡田准一)はそんな長政を叱責し、

もう一度攻め方を考えるよう促す。

地侍の反乱を徐々に鎮めた官兵衛は、豊前中津城に入り、宇都宮家と和睦。

鎮房らを召し抱えて平和共存を図るが、

豊臣秀吉(竹中直人)は宇都宮の帰参を許さず、討伐を厳命する。

従わない場合には黒田家を滅ぼすという強硬な態度を見せる秀吉に、

官兵衛は追い詰められていく。

TV LIFEより)


秀吉は変わってしまったようですね。

官兵衛はどうやって切り抜けるのかな。





豊臣秀吉(竹中直人)からキリスト教信仰を捨てるよう命じられた高山右近(生田斗真)は、

身分や領地など世俗のすべてをなげうって信仰に生きることを決意し、

黒田官兵衛(岡田准一)に別れを告げる。

大阪に戻った軍勢を出迎えた茶々(二階堂ふみ)は、秀吉の正室となる。

おね(黒木瞳)は、キリシタン追放など変わり始める秀吉に苦言を呈するが、

秀吉は意に介さない。

いっぽう、黒田家は新たに豊前六郡を与えられ播磨から九州へ移り住むことになり、

官兵衛は本領安堵を約束していた宇都宮鎮房(村田雄浩)を危惧する。

裏切りに激高する鎮房は、徒党を組んで一揆を起こす。

官兵衛は戦を禁ずるが、黒田長政(松坂桃李)は鎮房の軍を侮り、

命令を破って出陣してしまう。

TV LIFEより)


長政はまだ経験が少ないから先が見えない!?





豊臣秀吉(竹中直人)は徳川家康(寺尾聰)を上洛させることに成功し、

本体を九州に出兵させる。

黒田官兵衛(岡田准一)は九州に調略をかける中、

豊前の領主・宇都宮鎮房(村田雄浩)と出会い、

秀吉の命によって鎮房に本領安堵を約束する。

九州に降り立った秀吉は、

力を持つ外国人宣教師たちと大勢のキリシタンを目の当たりにする。

一揆をを恐れた秀吉がキリシタンの動きを警戒し始めると、

高山右近(生田斗真)や官兵衛は不安を抱く。

いっぽう、秀吉の寵愛を一身に受ける茶々(二階堂ふみ)は、

ついに秀吉に心を開く覚悟を決め、

おね(黒木瞳)はそんな茶々を見て言葉をかける。

TV LIFEより)


おねってどんな心境なんだろう。

けっこう複雑な気持ちなのかな。





豊後のキリシタン大名、大友宗麟(上條恒彦)に懇願され、

豊臣秀吉(竹中直人)はついに九州攻めを宣言。

東の脅威を取り除くため、

徳川家康(寺尾聰)に帰順を迫る。

秀吉に先立ち名代として黒田官兵衛(岡田准一)が西に向かおうとしていると、

蜂須賀小六(ピエール瀧)の容体が思わしくないとの知らせが入る。

小六の最後を見届けた官兵衛は、

安芸国で毛利勢を加え九州に乗り込もうとするが、

小早川隆景(鶴見辰吾)はなぜか腰が重かった。

その背後には、長年の宿敵である秀吉に臣従することを快く思わない、隆景の兄・吉川元春(吉見一豊)の存在があった。

官兵衛は、出兵を拒む元春を動かそうと策を練る。

TV LIFEより)


まだ、毛利勢は完全に秀吉に付いたわけではないようですね。





天正13年(1585年)。関白となり、豊臣姓を名乗るようになった秀吉(竹中直人)は、

各地の大名に争いをやめるよう命じるが、

九州は従おうとしなかった。

いっぽう、秀吉の御伽衆となった道薫(田中哲司)は、

亡き妻・だし(桐谷美玲)が逃がした我が子と再会するが、

心を開こうとしない。

そんな中、茶々(二階堂ふみ)は道薫に城を捨てた話をしてほしいと言い出す。

秀吉の命で語り始めた道薫だったが、

居合わせた高山右近(生田斗真)らを罵り、

秀吉に殺してほしいと望む。

そのころ、道薫の深い傷を知った黒田官兵衛(岡田准一)は度々南蛮寺に赴くようになり、

キリシタンになることを考え始める。

TV LIFEより)


道糞が道薫に!?

官兵衛がキリシタンに興味を持ったのは道薫がきっかけだった!?







天正12年(1584年)。古牧長久手の戦いで徳川家康(寺尾聰)に敗北を喫した羽柴秀吉(竹中直人)だが、

巻き返しを見せ、天下人の地盤を固める。

そんな中、秀吉の側近として石田三成(田中圭)が頭角を現し、

次第に黒田官兵衛(岡田准一)は冷遇されるように。

徳川を敵視する三成と、徳川を取り込むよう進言する官兵衛との対立が始まる。

そのころ、黒田家は新たに与えられた播磨・山崎に居を移し、

栗山善助(濱田岳)、後藤又兵衛(塚本高史)ら家臣たちと共に黒田長政(松坂桃李)が留守を預かっていた。

長政は新天地を収めようと躍起になるが、

統治に苦労し百姓たちともめ事を起こす。

そこで、長政は祖父・黒田職隆(柴田恭兵)に助言を仰ぐ。

TV LIFEより)


官兵衛も長政も苦労が絶えないようで。





織田信長(江口洋介)を討った明智光秀(春風亭小朝)との合戦に勝利した羽柴秀吉(竹中直人)は、

織田家の後継者を決める清州会議で柴田勝家(近藤芳正)を論破し、優位に立つ。

秀吉包囲網を画策する勝家に対し、

黒田官兵衛(岡田准一)が各個撃破で孤立させると、たまりかねた勝家は出陣。

賤ヶ岳の戦いで秀吉軍と激突するが、味方のいない勝家に勝ち目はなく敗れ去る。

動乱の最中、官兵衛は秀吉の茶頭・千宗易(伊武雅刀)に弟子入りし、

道糞と名乗る荒木村重(田中哲司)と再会する。

いっぽう、姫路の黒田家では黒田長政(松坂桃李)に蜂須賀小六(ピエール瀧)の娘・糸(高畑充希)との縁談が持ち上がる。

TV LIFEより)


村重はお茶の世界に入っていたんですね。










お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR