QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ついに最終回。

終わってしまうのがとても残念です。。

黒田如水(岡田准一)の1年にわたるドラマが思い出されますね。

徳川家康(寺尾聰)と如水が腹を割って話しているとき、

家康の右目がパッチリと開いて争いのない世を作ると話していましたね。

天下とは何か。

如水と同じ考えのようでした。

本心を聞くことが出来て、争いで負けたけども悔いはなかったようで。

官兵衛の人生の物語。

久しぶりに面白い大河ドラマでした。

九州の福岡の地名の由来って播磨で地元だった福岡からとっていたんですね。





まずは九州制覇に向けて黒田如水(岡田准一)らが戦い初めましたね。

九郎右衛門(高橋一生)は大友吉統(的場浩司)を討つことにためらってましたけど、

吉統としては悔いがなかったようで。

なかなか複雑な心境ですね。

官兵衛は、戦のない世の中にしたいという願いだったはずですけど、

今回は、はじめて野心をむき出しにした戦。

結局のところ戦が好きなのかも。

本州では徳川家康(寺尾聰)らと石田三成(田中圭)らの戦い。

最後の大きな戦ですね。

三成に付く人は少ないようですけど、

普段からの行いの結果が、いざというときにどんな状況になるのか出るわけですよね。

史実は分かりませんけど、ドラマではかなり嫌われてますね。

善悪が分けているから観ていて分かりやすいです。






黒田如水(岡田准一)は良い家臣に恵まれたと感謝していましたね。

良い家臣が付いたということは、それだけ人徳があったということ。

自ら呼び寄せたわけですね。

大河ドラマがどこまで事実なのか分かりませんけど、

ドラマを見ている限り、かなり家臣のお蔭で助かっていますね。

妻子も自分自身の命も助けられていたわけで、栗山善助(濱田岳)らがいなかったら、

官兵衛もここまで活躍できなかったのかも。

良い人材を集められるかがいかに重要か。

戦のあとは、敵も取り込んできていましたね。

黒田家の教えと結局は人柄なのかな。





黒田如水(岡田准一)の楽しそうな笑顔が印象的でした。

本人も話していましたけど、仕えていた豊臣秀吉(竹中直人)が亡くなって自由にあれこれできるようになったことがあるみたいですね。

今までは黒田家のため天下太平のためという大きな目的があったけども、

これからは自分のやりたいようにやれる楽しさ。

わくわくが止まらないのかな。

徳川家康(寺尾聰)と石田三成(田中圭)が潰しあっている間に如水も九州の地で挙兵。

どこまでシナリオ通りに事を進めることができるのか腕の見せ所?







徳川家康(寺尾聰)と前田利家(横内正)・石田三成(田中圭)の対立が始まりましたけど、

とりあえずは、黒田如水(岡田准一)の説得によって争いは回避。

争いのない世を望んでいたのに争いが好きな人がいるようですね。

おね(黒木瞳)も望んでいるのは平和な世。

天下人は誰でも良いと言っていましたよね。

平和な世になるのはなかなか難しい。

家康と三成。

それと如水という第3極。

動きに注目ですね。







亡くなる人が多くて悲しい第45話でした。

光(中谷美紀)は熊之助(今井悠貴)のことを受け入れられないようでしたね。

どうしても生きていると信じたい気持ちも分かりますけど、

どこかで区切りを付けないと。

豊臣秀吉(竹中直人)は最後に黒田如水(岡田准一)に秀頼を頼みましたけど、

天下人に相応しいかどうかが第一。

ぶれないですね。

でも秀吉が天下人であってほしいという気持ちは本心だったようで別れが辛そうでした。

長い付き合いでしたからね。

別れと同時に激動の時代の幕開け。

徳川家康(寺尾聰)が開眼。

まさに時が来たとばかりにニヤ〜。

物語としては面白くなりそうです。






豊臣秀吉(竹中直人)は、拾のためなら容赦なく切り捨てですね。

だれも止められない状態。

犠牲になってしまった秀次(中尾明慶)はかわいそうですね。

これも運命!?

黒田如水(岡田准一)が朝鮮へ行くことにしたのも被害を最小限に抑えるため。

まったく勝つつもりはないようで。

無謀な戦いに駆り出される兵の士気が低いのは当たり前ですよね。

行きたくないのに無理やり行かされるわけで、

指示した秀吉が1人で行って来いという感じ。

徳川家康(寺尾聰)は何やら企んでいるようですね。

動きが気になります。






黒田官兵衛(岡田准一)は、出家して如水円清になったし許しを乞うたこともあって、なんとか延命。

それに多くの人から官兵衛を助けるよう書状が豊臣秀吉(竹中直人)に送られましたけど、

それだけ慕われているということですね。

逆に、石田三成(田中圭)への不満はかなり渦巻いているようで、

そこへ徳川家康(寺尾聰)がうまく入り込んでいってるのは先を見据えての動き。

家康恐るべし。

軍師官兵衛では、悪者の石田三成ですけど、

いつか石田三成の視点で大河ドラマの放送をしてほしいです。








黒田官兵衛(岡田准一)としては戦況とその先を見据えての戦いなのに、

石田三成(田中圭)は、豊臣秀吉(竹中直人)の腰巾着!?

現地で命を懸けて戦っている人の事は二の次という感じですね。

しかも官兵衛を陥れてムフフ状態。

実際は分かりませんけど、かなり悪者で描かれていますね。

官兵衛は、再び命が危ない状況に。

土牢ではないだけ、まだまし!?






黒田官兵衛(岡田准一)の話しもおね(黒木瞳)の話しも豊臣秀吉(竹中直人)は聞かず。

竹中半兵衛(谷原章介)との約束を思い出しながらも、

結局、自分勝手の秀吉は変わらず。

石田三成(田中圭)の口車にのって聞こえの良い話しか聞かないから、

自分勝手ですね。

千利休(伊武雅刀)も命を懸けて戒めることに。

これが本当に天下を考えてのことの行動ですね。

残念ながら思いは秀吉に届かず。

権力を握った者は変わってしまうものなのかな。











お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR