QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(日曜後8・00)で、岡田准一(33)が大河史上初めて“動かない主人公”になる。
25日と6月1日の2週にわたって、身動きできない狭い土牢(つちろう)に幽閉される。
「予想以上に汚いセットで、とにかくつらいというシーンを撮り続けました」と物語前半の見せ場について語った。
Sponichi Annexより)


実際の牢獄のサイズ不明だそうですけど、

「牢が狭すぎて官兵衛が足を痛めた」という話をもとに、

撮影では、「高さ1・35メートル、奥行き1メートル、幅1・35メートル」の土牢セットだったとか。

狭すぎて体を動かせないですよね。

こんな中でよく1年もの間生きていたものだと思います。

岡田准一さんは、「マジで汚いなあと思ったけど、汚さがうれしかった」とか。

演じるうえで本格的な場を提供してくれたうれしさなのですかね。

役者としての考え方が凄いですね。




1





お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR