QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関ヶ原の戦いは開始から4時間余りが過ぎたころ、

西軍の小早川秀秋(浅利陽介)の寝返りによって形勢が一気に東軍に傾き、わずか一日で決着。

黒田如水(岡田准一)の天下取りの野望も水泡に帰す。

その後、大阪で徳川家康(寺尾聰)と対面した如水は、

家康の志の高さを知り、素直に負けを認める。

そして如水は福岡で鈴鹿奈晩年を過ごし、

やがて戦国乱世は最後の瞬間を迎える。

TV LIFEより)


官兵衛の先を見る目は凄いですね。






慶長5年(1600年)9月。徳川家康(寺尾聰)は石田三成(田中圭)に決戦を挑むべく兵を西へ進め、

日本を東軍と西軍に二分した一大決戦が始まろうとしていた。

この戦いが長期化すると見込んだ中津城の黒田如水(岡田准一)は、

その隙に九州を平定し、九州を足掛かりに天下取りをもくろむ。

九州には三成によって大友吉統(的場浩司)がおり、如水は警戒を強める。

破竹の勢いで進軍する如水の軍は、九郎右衛門(高橋一生)が吉弘を討ち取る活躍もあって大友軍を攻略する。

いっぽう、関が原では両軍が激突する運命の朝を迎えようとしていた。

TV LIFEより)


ついに如水が動くようですね。





慶長5年(1600年)7月。

石田三成(田中圭)を中心とした軍が挙兵。

大阪城に入った三成は、徳川家康(寺尾聰)に付いた大名の妻子を人質に取るが、

光(中谷美紀)と栄(吉本実憂)は栗山善助(濱田岳)と母里太兵衛(速水もこみち)によって難を逃れる。

いっぽう、三成の動きを受けて家康は下野国小山で軍議を開く。

黒田長政(松坂桃李)は家康の意を酌んで福島正則(石黒英雄)ら豊臣恩顧の旧臣の取り込みに成功。

上杉討伐に向かった諸将のほとんどが家康に味方する。

そんな中、中津にいる黒田如水(岡田准一)は、

これまで蓄えていた金銭をなげうって農民や町人、牢人を雇い入れ、

瞬く間に9000人もの兵を集める。

東軍と西軍、そして如水の、天下を狙う大勝負が始まる。

TV LIFEより)


2陣営プラス如水ですね。






徳川家康(寺尾聰)によって隠居に追い込まれた石田三成(田中圭)が虎視眈々と反撃の機会をうかがう中、

黒田如水(岡田准一)は黒田家の当主として徳川方に付くと宣言する長政(松坂桃李)に、

好きにやらせてもらうと言い残して中津へ引き揚げる。

いっぽう、家康は長政に姪の栄姫(吉本実憂)との縁談を持ち掛け、黒田家との関係強化を画策。

糸(高畑充希)を離縁して栄を受け入れた長政は、

如水の思惑をよそに家康の天下取りのために動き始める。

そんな中、上洛を拒む上杉家に謀反の疑いがかけられ、

会津遠征で家康が大阪を離れる。

三成は自分を誘い出すための家康の計略だと知りつつも兵を挙げる。

TV LIFEより)


最終章が始まったという感じですね。





黒田如水(岡田准一)の読み通り、豊臣秀吉(竹中直人)の死によって黒田長政(松坂桃李)や福島正則(石黒英雄)、加藤清正(阿部進之介)らを取り込んだ家康と、

幼い秀頼を奉じて前田利家(横内正)と結ぶ石田三成(田中圭)の権力闘争が始まり、

世は再び乱れ始める。

家康は禁じられている大名同士の縁組を勝手に行うなど秀吉の遺言を次々と破って三成を挑発し、

天下への野心をあらわにする。

また、秀頼と共に大阪城本丸に居を移した淀(二階堂ふみ)と、

二の丸に追われたおね(黒木瞳)の確執も激化。

如水は一触触発の事態を何度も収拾するが、

利家の死で均衡は崩れ、

家康に通じる武将たちによる三成襲撃事件が起こる。

TV LIFEより)


ついに家康側と三成側の戦いが。




父・如水円清(岡田准一)と兄・黒田長政(松坂桃李)の後を追って朝鮮に渡ろうとした熊之助(今井悠貴)と吉太夫(林凌雅)が嵐に遭って帰らぬ人に。

2人を止められなかった糸(高畑充希)は自責の念にかられる。

いっぽう、豊臣秀吉(竹中直人)の死期は確実に近づき、

徳川家康(寺尾聰)を筆頭とした五大老、石田三成(田中圭)を筆頭とした五奉行による合議制が構築される。

そんな中、豊臣家の先行きを憂う秀吉は、

朝鮮から呼び戻した如水に秀頼らの行く末を託すが、

如水は意外な答えを口にする。

そして慶長3年(1598年)8月。

おね(黒木瞳)や淀(二階堂ふみ)が見守る中で、秀吉は静かに息を引き取る。

TV LIFEより)


ついに秀吉が。

良くも悪くも1つの時代がおたったのかな。





拾が生まれたことで、生母の淀(二階堂ふみ)と石田三成(田中圭)は拾を豊臣家の跡継ぎにすべく暗躍。

関白・秀次(中尾明慶)は謀反の疑いをかけられ、切腹に追い込まれてしまう。

暴君と化した豊臣秀吉(竹中直人)の死期が近いことを悟った如水円清(岡田准一)は、

秀吉のそばに仕え、その暴走を抑え込む道を選ぶが、

諸将から「軍師官兵衛はもう老いた」と陰口をたたかれる。

やがて、秀吉の命で再び朝鮮出兵が始まる。

損害を減らすため自ら出陣を志願した如水は、

先発隊を長政(松坂桃李)に任せて支度を急ぐ。

黒田家の面々が挑戦へわたる中、時期尚早と止められた官兵衛の次男・熊之助(今井悠貴)と吉太夫(林凌雅)は、

思いがけない行動に出る。

TV LIFEより)


秀吉の暴走はなかなか止められないようで。






石田三成(田中圭)の罠で無断帰国の罪に問われ、

豊臣秀吉(竹中直人)の逆鱗に触れた黒田官兵衛(岡田准一)は、髪を剃り、

「如水円清」と名乗って秀吉の許しを乞う。

おね(黒木瞳)や諸将からの助命嘆願や、淀(二階堂ふみ)が新たな世継ぎ・拾(後の秀頼)を生んだこともあって何とか切腹を免れると、

官兵衛は隠居を申し出る。

いっぽう、実子を得たことで秀吉は関白の座を秀次(中尾明慶)に譲ったことを後悔し始め、

両者の間に溝が生じる。

秀次から助けを求められた官兵衛は、

拾に秀次の娘との縁談を持ちかけるよう提案し事なきを得るが、

三成は秀次にさらなる追い落としをかける。

TV LIFEより)



三成は大河ドラマ「黒田官兵衛」では徹底的に悪役ですね。

そのほうが見ている側としては分かりやすいですけど。




関白の位を譲り、太閤となった天下人・豊臣秀吉(竹中直人)は、

諸大名に大陸への出兵を命じ、

自らは黒田官兵衛(岡田准一)に築かせた肥前名護屋城に陣取る。

秀吉を止められる者はおらず、

官兵衛や長政(松坂桃李)も朝鮮へ出陣する。

総数15万を超える軍が海を渡り、

小西行長(忍成修吾)を先頭に首都・漢城を目指す。

だが、戦が長引くにつれて戦況が悪化。

官兵衛は秀吉の命を無視して撤退を提案する。

いっぽう、1年に及ぶ戦を断念することで、

秀吉からの懲罰を危惧した石田三成(田中圭)は、ある策を思いつく。

そんな中、鶴松の死から1年余りで淀(二階堂ふみ)が再び秀吉の子を懐妊し、

豊臣家は歓喜にあふれ返る。

TV LIFEより)


またまた三成は何やらめんどくさそうなことを思いついたのかな。






天正18年(1590年)、黒田官兵衛(岡田准一)の活躍により小田原城は開城。

豊臣秀吉(竹中直人)はついに天下統一するが、

大陸への進出という新たな野望を明らかにし、周囲を困惑させる。

千利休(伊武雅刀)は、国を疲弊させるだけだと秀吉をいさめるが、

秀吉は全く聞く耳を持たない。

そんな中、秀吉の弟・秀長(嘉島典俊)の死で石田三成(田中圭)が権勢をふるうように。

三成と反目する利休は、三成の謀略で切腹を命じられる。

官兵衛は利休を救おうと奔走するが、

利休は秀吉への謝罪を拒み、茶人の意地を通すと決める。

その折、秀吉最愛の嫡男・鶴松が重い病にかかり、

秀吉はふさぎ込む。

TV LIFEより)



もう秀吉は、官兵衛では歯止め効果が無くなってしまってきているようで。












お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR