QLOOKアクセス解析



一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大河ドラマ「軍師官兵衛」最終回・第50話(12月21日)「乱世ここに終わる」の視聴率は、17.6%。

高視聴率を維持して終わりましたね。

15%を割った時もありましたけど、

全体の平均では15%以上維持のようですね。

第1話(2014年01月05日20:00)18.9% 15分拡大
第2話(2014年01月12日20:00)16.9%
第3話(2014年01月19日20:00)18.0%
第4話(2014年01月26日20:00)16.5%
第5話(2014年02月02日20:00)16.0%
第6話(2014年02月09日19:15)15.0% 都知事選のため繰り上げ放送
第7話(2014年02月16日20:00)15.2%
第8話(2014年02月23日20:00)16.1%
第9話(2014年03月02日20:00)15.4%
第10話(2014年03月09日20:00)15.7%
第11話(2014年03月16日20:00)15.8%
第12話(2014年03月23日20:00)15.8%
第13話(2014年03月30日20:00)12.9%
第14話(2014年04月06日20:00)14.9%
第15話(2014年04月13日20:00)14.9%
第16話(2014年04月20日20:00)16.2%
第17話(2014年04月27日20:00)15.6%
第18話(2014年05月04日20:00)12.3%
第19話(2014年05月11日20:00)13.7%
第20話(2014年05月18日20:00)15.0%
第21話(2014年05月25日20:00)14.8%
第22話(2014年06月01日20:00)16.6%
第23話(2014年06月08日20:00)16.0%
第24話(2014年06月15日20:00)17.5%
第25話(2014年06月22日20:00)16.4%
第26話(2014年06月29日20:00)14.9%
第27話(2014年07月06日20:00)16.7%
第28話(2014年07月13日20:00)17.5%
第29話(2014年07月20日20:00)19.4%
第30話(2014年07月27日20:00)15.6%
第31話(2014年08月03日20:00)18.2%
第32話(2014年08月10日20:00)16.1%
第33話(2014年08月17日20:00)16.7%
第34話(2014年08月24日20:00)13.0%
第35話(2014年08月31日20:00)14.5%
第36話(2014年09月07日20:00)15.1%
第37話(2014年09月14日20:00)14.6%
第38話(2014年09月21日20:00)15.0%
第39話(2014年09月28日20:00)14.6%
第40話(2014年10月05日20:00)17.6%
第41話(2014年10月12日20:00)14.1%
第42話(2014年10月19日20:00)15.6%
第43話(2014年10月26日20:00)15.3%
第44話(2014年11月02日20:00)15.0%
第45話(2014年11月09日20:00)16.8%
第46話(2014年11月16日20:00)16.4%
第47話(2014年11月23日20:00)15.4%
第48話(2014年11月30日20:00)16.6%
第49話(2014年12月07日20:00)15.8%
2014年12月14日、2014衆院選開票速報
最終回
第50話(2014年12月21日20:00)17.6% 15分拡大




ついに最終回。

終わってしまうのがとても残念です。。

黒田如水(岡田准一)の1年にわたるドラマが思い出されますね。

徳川家康(寺尾聰)と如水が腹を割って話しているとき、

家康の右目がパッチリと開いて争いのない世を作ると話していましたね。

天下とは何か。

如水と同じ考えのようでした。

本心を聞くことが出来て、争いで負けたけども悔いはなかったようで。

官兵衛の人生の物語。

久しぶりに面白い大河ドラマでした。

九州の福岡の地名の由来って播磨で地元だった福岡からとっていたんですね。





関ヶ原の戦いは開始から4時間余りが過ぎたころ、

西軍の小早川秀秋(浅利陽介)の寝返りによって形勢が一気に東軍に傾き、わずか一日で決着。

黒田如水(岡田准一)の天下取りの野望も水泡に帰す。

その後、大阪で徳川家康(寺尾聰)と対面した如水は、

家康の志の高さを知り、素直に負けを認める。

そして如水は福岡で鈴鹿奈晩年を過ごし、

やがて戦国乱世は最後の瞬間を迎える。

TV LIFEより)


官兵衛の先を見る目は凄いですね。






まずは九州制覇に向けて黒田如水(岡田准一)らが戦い初めましたね。

九郎右衛門(高橋一生)は大友吉統(的場浩司)を討つことにためらってましたけど、

吉統としては悔いがなかったようで。

なかなか複雑な心境ですね。

官兵衛は、戦のない世の中にしたいという願いだったはずですけど、

今回は、はじめて野心をむき出しにした戦。

結局のところ戦が好きなのかも。

本州では徳川家康(寺尾聰)らと石田三成(田中圭)らの戦い。

最後の大きな戦ですね。

三成に付く人は少ないようですけど、

普段からの行いの結果が、いざというときにどんな状況になるのか出るわけですよね。

史実は分かりませんけど、ドラマではかなり嫌われてますね。

善悪が分けているから観ていて分かりやすいです。











お気に入り


My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

Link

黒田官兵衛の関連品

Tポイントが貯まるヤフーショッピング


楽天ポイントが利用できる楽天市場
黒田官兵衛


ランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR